Autel Autolink AL319 OBD2スキャナ 自動車故障診断機 コードリーダー カラーLEDディスプレイレディーテスト 日本語対応可能【保障付】

item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
item35
商品番号:item35

Autel Autolink AL319 OBD2スキャナ 自動車故障診断機 コードリーダー カラーLEDディスプレイレディーテスト 日本語対応可能【保障付】

在庫状態:在庫有り
¥4,770(税別)
数量

製品の詳細・仕様

幅広い対応性: 1996年以降のアメリカ車、2001年以降のヨーロッパ車、2008年以降のアジア車に適用できます。全てのOBDII及びEOBD プロトコルに対応:ISO9AN, VPW, PWM, ISO and KWP2000 protocolsなど。
操作簡単:チェックエンジンライト(MIL)の原因が簡単にチェックでき、故障表示ランプ(MIL)をオフに、コードの消去、モニターのリセット。
ダイレクトのマニピュレーション:ユニークな特許取得済みのワンクリックI/ Mレディネスキーにより、迅速に排気状態及び駆動周期検証が可能です。
検索可能な情報:ジェネリック(P0、P2、P3、およびU0)、メーカー固有の(P1、P3、およびU1)コード、保留中コード、および車両情報(VIN、CINおよびCVN)などの読み取りが可能です。
保証&日本語化:12ヶ月保証、カスタマーサポート。公式サイトwww.autel.comに入って、日本語ソフトをコンピュータにダウンロードし、MaxiLink IIツールを介して診断機本体に更新すれば日本語化出来ます。日本語を変換する希望のあるお客様がメールでご連絡ください。何かご不明な点やご問題がございましたら、ご遠慮なくお聞かせください。

更新モード

この機能を使用すると、コンピュータを介してスキャンツールソフトウェアとDTCライブラリを更新できます。
1)www.autel.comでアップデートするプログラムをコンピュータにダウンロードします。
2)コンピュータでMaxiLink IIツールキットを実行します。スキャンツールを付属のUSBケーブルでコンピュータに接続します。
3)スキャンツールのシステム設定スケルから、SCROLLボタンを使用して更新モードを選択し、ENTER / EXITボタンを押します。
4)コンピュータで更新するプログラムを選択します。オペレーティングシステムとDTCライブラリの2種類のプログラムがあります。
5)MaxiLink IIツールキットウィンドウの更新をクリックして更新を開始します。
6)更新が完了した後で、スキャンツールを再起動してアップデート全体を終了します。